化繊生地の主な特徴について

フルカラーデザインの製作や、1回だけのイベントなのでコストを抑えてのれんを注文したい時に価格を抑えて作ることが出来るのが化繊生地ののれんです。

化学繊維ののれん

写真プリントやグラデーションの再現性が高くて、幅広いデザイン印刷も出来るオリジナルののれんがオーダー製作出来ます。

染めと違うのは製作にかかる工数が少ないので格安で作れることと、注文が確定したら短納期で発送をすることも可能です。

化学繊維でのれんを格安で注文するときに注意したいのが、生地の耐久性が綿よりも低く昇華転写やインクジェットプリントで特注作成するために裏抜けが透け感しかないことです。

裏抜けは背面が白でも構わない屋台の上部、飲食店舗でのカウンターとキッチンの間仕切りなどで特注で作ったり、ポリエステル帆布なら両面印刷が出来るので裏抜け風なデザインをプリント印刷を行って、言浴場や居酒屋などで活躍出来ます。

イベント用に最適なのはテンロントロピカルで、価格も安く大量ロットもプリント印刷の工数で、短期納入にも対応してます。

生地の厚みはのぼり旗と比べて厚めで軽量感もあって、持ち運びやノベルティで配っても来場者が持ち帰りやすいです。

短期使用や枚数が多くて写真デザインのプリントなら、テトロントロピカルが向いています。

綿風ポリエテルの主な特徴

綿風ポリエテルは、ポリエステル帆布と呼ばれているもので店の看板として多色デザインで暖簾を掲げるときや、フルカラープリントで綿の風合いと裏抜けが良い場合、綿の風合いを持ちながら両面転写でプリント印刷を行うので裏抜け風に出力も出来ます。

この生地は店舗看板や日よけ、湯暖簾のように実務的な製作に最適な格安なオーダーメイドが出来る化学繊維です。

綿の帆布に似せたポリエステル生地で、風合いは綿に近くて厚く丈夫な生地で手触りは綿とあまり変わりません。

インクジェットでしか表現できない柄や多くの配色を使いたいときに向いてます。

グラデーションも可能

白の具合は少しマットなテイストで和を意識したデザインにも向いていて、白をはっきり出したいときは近い素材のエステルキャンバスが向いてます。

織り目も細かく丈夫でしっかりしており、発色も綺麗です。

持ち運びもしやすくて横断幕にも使われていて、落ち着いた上品な風合いを活用したい時に最適です。

また、麻ののれんは高額で作成が難しい場合でも、ポリエステル麻なら麻の風合いと清涼感を化学繊維で表現し、フルカラーのプリントと出力も出来ます。

複数の種類があり生地のサンプルを無料で取り寄せられます。

麻風なことで生成りがかっていて使い方が難しいですが、特徴あるオリジナルを製作したい時には適してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)