店先に使うなら刺繍のれんがおすすめ

店先に暖簾を吊るすことで、通りを歩いている人に
現在お店が営業していることをアピールできます。

居酒屋や小料理屋などではお店独自の暖簾を吊るして
営業していることをアピールしているわけですが、
これは暖簾がないときはまだ開店前、このような判断でも
利用できるので便利です。

ただ、暖簾を単に吊るすだけでは意味がないですし
現代の集客にはあまり良いものとはいえません。

そこでおすすめなのが刺繍のれんを使う方法です。
刺繍のれんは生地に刺繍で文字やイラストなどを描いているもので、
かわいい絵を描くと女性からの好感度アップにも良い効果を期待できます。

文字を描けるのも刺繍のれんのメリットの一つですが、
文字を入れるときは店名を入れるのがインパクト大です。

インパクト大と聞くとのれん生地の面積全体に入れるイメージを
持つ人も多いかと思われますが、刺繍自体がそれほど多くないので
大きく記載する必要はありません。

道を歩いているとき、キレイな色合いの暖簾を目にする、
そこにはかわいいイラストとお店の店名が記載してあるものを見るだけで、
どのような店舗なのか興味関心を惹きつけてくれます。

のれんで客寄せ

 

これによりお店に入ってみたくなるわけです。

お店の中に使えば客席との区切りになります

刺繍のれんとはどのような暖簾になるのだろうか、
いろいろなイメージがあるかと思われますが
丈夫な糸を使い図形やイラスト、文字などを刻める
古くから存在している刺繍を暖簾に施しているものが刺繍のれんです。

最近は、ネット通販で刺繍のれんを紹介しているお店もあるので
興味がある人はショップにアクセスすると良いでしょう。

暖簾は店先などに吊るして日よけや目隠しなどの効果を期待できるものとして
古くから利用され続けています。

お店の入り口にはガラス戸が付いているので、中で食事をしていると
道を歩いている人と目がってしまう、このようなケースもゼロではありません。

また、入り口が西側に向いていると夏場は西日が厳しい季節ですから
店内に西日が入り込むなどお客さんにまぶしい思いをさせてしまう、
あるいはエアコンをつけているけれど西日で温度が上がってしまう。
このようなケースもゼロではありません。

日光の影響

入り口に暖簾を吊るしておけば目隠しにもなるし西日の影響も
受けにくくなるこのようなメリットがあるわけです。

なお、お店の中にオシャレな刺繍のれんを客席と厨房の間に設置しておいても
目隠し効果がありますし、お店の作業場と客席を完全に分離できる、
このようなメリットもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)