化繊生地の主な特徴について

フルカラーデザインの製作や、1回だけのイベントなのでコストを抑えてのれんを注文したい時に価格を抑えて作ることが出来るのが化繊生地ののれんです。

化学繊維ののれん

写真プリントやグラデーションの再現性が高くて、幅広いデザイン印刷も出来るオリジナルののれんがオーダー製作出来ます。

染めと違うのは製作にかかる工数が少ないので格安で作れることと、注文が確定したら短納期で発送をすることも可能です。

化学繊維でのれんを格安で注文するときに注意したいのが、生地の耐久性が綿よりも低く昇華転写やインクジェットプリントで特注作成するために裏抜けが透け感しかないことです。

裏抜けは背面が白でも構わない屋台の上部、飲食店舗でのカウンターとキッチンの間仕切りなどで特注で作ったり、ポリエステル帆布なら両面印刷が出来るので裏抜け風なデザインをプリント印刷を行って、言浴場や居酒屋などで活躍出来ます。

イベント用に最適なのはテンロントロピカルで、価格も安く大量ロットもプリント印刷の工数で、短期納入にも対応してます。

生地の厚みはのぼり旗と比べて厚めで軽量感もあって、持ち運びやノベルティで配っても来場者が持ち帰りやすいです。

短期使用や枚数が多くて写真デザインのプリントなら、テトロントロピカルが向いています。

綿風ポリエテルの主な特徴

綿風ポリエテルは、ポリエステル帆布と呼ばれているもので店の看板として多色デザインで暖簾を掲げるときや、フルカラープリントで綿の風合いと裏抜けが良い場合、綿の風合いを持ちながら両面転写でプリント印刷を行うので裏抜け風に出力も出来ます。

この生地は店舗看板や日よけ、湯暖簾のように実務的な製作に最適な格安なオーダーメイドが出来る化学繊維です。

綿の帆布に似せたポリエステル生地で、風合いは綿に近くて厚く丈夫な生地で手触りは綿とあまり変わりません。

インクジェットでしか表現できない柄や多くの配色を使いたいときに向いてます。

グラデーションも可能

白の具合は少しマットなテイストで和を意識したデザインにも向いていて、白をはっきり出したいときは近い素材のエステルキャンバスが向いてます。

織り目も細かく丈夫でしっかりしており、発色も綺麗です。

持ち運びもしやすくて横断幕にも使われていて、落ち着いた上品な風合いを活用したい時に最適です。

また、麻ののれんは高額で作成が難しい場合でも、ポリエステル麻なら麻の風合いと清涼感を化学繊維で表現し、フルカラーのプリントと出力も出来ます。

複数の種類があり生地のサンプルを無料で取り寄せられます。

麻風なことで生成りがかっていて使い方が難しいですが、特徴あるオリジナルを製作したい時には適してます。

こんなのもあり!?のれんの意外な使い方

飲食店の入り口などに看板の役割としてかけられてきた
のれんですが、自宅で使用する場合も、のれんは
使い道によっては、意外な使い方で大活躍してくれるアイテムになります。

自宅で使用

夏場など部屋を締め切ってしまうと、風の通り抜けが
悪くなってしまうので扉を開けて過ごしているという方は
少なくありません。

しかし家族とはいえど、部屋の中が丸見えになってしまうのは
恥ずかしいと感じる方も入れば、扉の代わりになる物を
設置したいと考えている方におすすめなのが、長めののれんを
部屋の入り口に取り付ける方法です。

扉を開けて過ごす場合も、部屋の区切りとしてのれんが
活躍してくれますし、目隠し効果があるので
プライバシーを守ることができるメリットを持っています。

市販されているのれんは様々な素材やデザインのタイプがあるので
素材や色を選ぶことで部屋の印象をぐっと変えることができる
メリットがありますし、薄地で涼し気な素材を使用している
タイプであれば、圧迫感を与えずに部屋を区切る方法として
使用することが可能です。

部屋を区切る

これは、主に部屋のしきりに使用される長めの布を
利用しているタイプなので、部屋ごとに設置すれば
夏場でも快適に過ごすことが出来ます。

市販の既に出来ている物を購入する方法もありますが、
専門業者に依頼をすることによってオリジナルデザインのものを
オーダーして作成することもできるので、自分だけの
オリジナルデザインを部屋に飾っている方も増えてきています。

のれん通販で焼肉屋に合うのれんを探す

焼肉屋を営業している人は、のれん通販を利用して
雰囲気の良いのれんを入手してみるのも良いでしょう。

飲食店というのは、ただ店を構えているよりも、
こういったアイテムがあった方がお客さんを呼び込みやすい
場合がありますので、店内に入りたくなるような
魅力的なデザインの物を手に入れたいところです。

ちなみに、のれん通販では、焼肉屋専用ののれんというのが
すでに出来上がった状態で販売されていることもあります。

文字や色のバランス

赤と白を主体としたデザインや黒と白を主体としたデザイン、
大きな文字で焼肉と書かれた勢い重視のデザインや文字は
小さく控えめに書かれた上品なデザインなど
10種類以上用意されていますから、その中に
自分の店との相性が良い物が含まれていることもあるでしょう。

ちなみに、のれん通販でのれんを購入する時には
サンプルをそのまま注文するのではなく、内容を少し
調整した上で注文することもできます。

ですから、もう少し字が大きい方が良いと思った場合は
その旨を伝えてデザインを変更してもらうと良いです。

焼肉屋暖簾

具体的な調整の仕方としては、背景はそのまま生かし、
字はすべて一から考えてデザイン作成を行うといったことができます。

字を入れる場所を左端、もしくは右端にすることを決めたり、
縦書きと横書きを選んだりもできます。

さらに、書体を指定してデザイン作成をすることも可能ですから、
かなりオリジナリティのある焼肉屋ののれんを手に入れられて便利です。

宣伝広告アイテムになる「日除け暖簾」

店舗を宣伝広告する方法では、チラシやホームページによるものが
一般的です。

また、最近はメールマガジンやブログで集客をする店舗もあり
高い効果を見せています。

オンライン以外での宣伝として、チラシの他には
看板やパンフレットなどが使用されています。

また、あまり注目されているものではありませんが
実は日除け用の暖簾は、店舗に入ってくる日光を遮るだけではなく
大きな宣伝広告の効果があります。

日よけ暖簾

暖簾を使用する用途としては
かつては単純に店の外と内を分けるような
ものでした。

しかし、最近では店舗の高級感出すためや
宣伝のためにも使われています。

カーテンを使用することで、日除けにかかる
経費は安くで済みます。

しかし、カーテンの代わりに暖簾を
使用することによって、日を遮るだけではなく、
大きな宣伝広告の効果も持つことができます。

日除けの用途に使用されているものは、非常に大きなサイズなので、
お客さんから目立ちます。

また、サイズが大きいので、デザインを比較的自由に選べ、
店舗の名前を目立つ字で印刷することも簡単です。

サイズが大きいだけではなく、色も自由に選べる場合が多いので、
和風の店舗だけではなく、洋風の店舗に合ったものを
制作することもできます。

高級感

また、料金も高くはなく、ほとんどのものが数万円前後で制作可能です。

暖簾が使用される用途には様々なものがありますが、
うまく使うことによって、非常に大きな集客の効果を
持たせることができます。

空間を仕切る「無地暖簾」

暖簾は、空間を仕切ったり、目隠しにするなどの用途で
昔から利用されてきた日本の伝統的なアイテムです。

中でも無地タイプのものは、デザインがシンプルなので
場の雰囲気やインテリアの趣などを壊すことがなく、
どんな場所でも使いやすいアイテムだと言えるでしょう。

よく利用されているのは、和食のお店や居酒屋、
そしてラーメン店などにおけるホールとキッチンの間仕切りや、
トイレの場所を直接見えなくするための目隠しなどが挙げられます。

さらに一般の家庭においても、間仕切りや目隠しとして
よく利用されていると言えるでしょう。

雰囲気

また、一般の家庭においては、ちょっとした空間を
区切るのに便利であり、必要ない時は取り外して
畳んでおくことで、コンパクトにしまっておける
という汎用性の高さもメリットだと言えます。

そして無地暖簾にはさまざまな風合いの
生地のものがあるため、しっかりとした
生地を選んで製作することで、和の雰囲気を
出すことができるようになります。

生地の種類としては、どんな場所でも使いやすい「シャークスキン」や、
業務用として人気が高く清涼感があるのが特徴の「シャンタン」、
そして織の高級感が楽しめる「ブッチャー」や、耐久性に優れた
厚手の生地である「カツラギ」などがあります。

他にも、独特の紬(つむぎ)が特徴の「スラブ」や、
高級生地の代表である「麻」も人気です。

麻の生地

また良い生地のものは、時間が経って劣化しても
それが味わいになる場合があるため、長い期間
楽しむことが可能だと言えるでしょう。

お店の顔になる「店舗暖簾」

店舗暖簾はお店の顔として古くからよく利用されています。
営業していることを示すものでもあり、暖簾をくぐって
店内に入ると言う動作が風流な味わいを感じさせる面もあり、
多くの人に親しまれているものです。

暖簾をくぐって入る

特に最近はその風流さを求めて
暖簾を利用するお店が増えています。

最近ではデザイン技術も進み、従来の端に
店名を記入したものだけでなく、様々な図柄を
配置したものや、色柄に非常に凝ったものなど
種類も様々になっています。

顧客の目線に設置すると言う特性からしっかりと
目に入るデザインを使用することができるので
広告宣伝の方法としても非常に効果的なものとして
使用されています。

これまで店舗の広告宣伝を行う方法としては、店頭に看板を
設置したり、ポスターなどを貼り付けて行うことが多かったのですが、
看板の場合には設置場所によっては黒通路を妨げることに
なってしまったり、その設置場所に非常に苦慮すると言う
問題がありました。

お店の顔

ポスターは気軽に店頭に貼ることができる反面
色あせてしまったり破れてしまうなどといった
問題もあり、またそのサイズも充分に注意しないと
見にくいものになってしまう恐れがありました。

そのため効果的な広告宣伝や店舗の情報を伝える
手段として古くから利用されている割には
その効果を発揮するためには様々な配慮が
必要になることが多かったのです。

暖簾の用途はこれまでの店の営業を示すもの
だけではなく、効果的な広告宣伝を行う
手段としても見直されています。