お店の顔になる「店舗暖簾」

店舗暖簾はお店の顔として古くからよく利用されています。
営業していることを示すものでもあり、暖簾をくぐって
店内に入ると言う動作が風流な味わいを感じさせる面もあり、
多くの人に親しまれているものです。

特に最近はその風流さを求めて暖簾を利用するお店が増えています。

最近ではデザイン技術も進み、従来の端に店名を記入したもの
だけでなく、様々な図柄を配置したものや、色柄に非常に
凝ったものなど種類も様々になっています。

顧客の目線に設置すると言う特性からしっかりと目に入る
デザインを使用することができるので、広告宣伝の方法としても
非常に効果的なものとして使用されています。

これまで店舗の広告宣伝を行う方法としては、店頭に看板を
設置したり、ポスターなどを貼り付けて行うことが多かったのですが、
看板の場合には設置場所によっては黒通路を妨げることに
なってしまったり、その設置場所に非常に苦慮すると言う
問題がありました。風情を活かしたい

ポスターは気軽に店頭に貼ることができる反面、色あせてしまったり
破れてしまうなどといった問題もあり、またそのサイズも
充分に注意しないと見にくいものになってしまう恐れがありました。

そのため効果的な広告宣伝や店舗の情報を伝える手段として
古くから利用されている割には、その効果を発揮するためには
様々な配慮が必要になることが多かったのです。

暖簾の用途はこれまでの店の営業を示すものだけではなく、
効果的な広告宣伝を行う手段としても見直されています。目印としての役割